ハンギングバスケットとは?花以外もおすすめ!教室と講習会はあるの?

ガーデニング
スポンサーリンク

ハンギングバスケット作りに実家の母がハマっています。

ガーデニングするにも「庭はないし、飾るスペースがないからできない」と諦めていませんか?
そんな悩みを解決してくれるハンギングバスケットがおしゃれで人気になっています。

母からの教えを元に経験者の私が、
・ハンギングバスケットとは?
・ハンギングバスケット花以外もおすすめ!
・ハンギングバスケットの教室や講習会はあるの?
について解説しています。

この記事を読めば、誰でもハンギングバスケット作りができるようになりますよ!

ハンギングバスケットとは?

ハンギングバスケットとは、花の寄せ植えのことです。
イギリスではじまったとされ、引っ掛けたり吊るしたりする方法にり「空間に飾る」フラワーアレンジメントです。

吊るす(hang)かご(basket)から、ハンギングバスケット(hangin-basket)が正しい名称になります。

プランターや鉢植えなど地面に置くだけの従来のガーデニングスタイルとは違い、ハンギングバスケットは、吊り下げたり壁に掛けたりするので
・花を目の高さで鑑賞できる
・作業や手入れが、かがまないで可能
・楽に移動できる
・風通しが良いので、蒸れないので病害虫も少ない
・花壇や庭がなくても、ベランダやテラスの省スペースで育てることができる
という理由で人気です。

海外の町並みでよく見られるハンギングバスケットは景観にマッチして、オシャレで素敵ですね。

庭のない我が家でも玄関先でハンギングバスケットを飾っていますが、ご近所の方からも「素敵ね~」とお褒めのお言葉を頂いています。

ハンギングバスケットのおしゃれな型は、鉢がポイント!

ハンギングバスケットのおしゃれで綺麗な半円やリース形は、どうやってできているんだろうって疑問に感じていませんか?

ハンギングバスケットの形が作りだせるのは、リースやドーナツ型とスリットバスケットと呼ばれる鉢に花を植え込んでいくからです。

最近、ハンギングバスケットと言えば、吊り下げられる容器より、リースやドーナツ型タイプとスリットバスケットが主流になっています。

リース(ドーナツ)型

リース 型(ドーナツ型) の容器には、籐かごにビニールが敷かれているタイプとワイヤーに麻布が敷いてあるタイプがあります。
リース 型(ドーナツ型)に沿って、置いていくように植え込むタイプです。
横から見た時も考慮すると、立ち上がって育つ花を選ばない方が無難です。こん盛り育ってくるものや横に這うように育つ花を選ばれると失敗が少ないですね。

ワイヤーには他にハート型のものもあります。

スリットバスケット

スリットバスケットは、付属のスポンジを切り込み部分に貼り付けてから、スリット部分の上部から苗をいれていく方式で、壁に掛けるタイプになります。

リースやドーナツ型よりも少し立ち上がって育つもの、ボリュームが出るものを選ぶようにして、半円が出来上がるようバランスに注意して草花の苗を選ぶようにしてくださいね!

ハンギングバスケット花以外もおすすめ!

ハンギングバスケットは花やリーフ(葉)を植え込んで作りますが、花以外に多肉植物や観葉植物を使ったハンギングバスケットもおしゃれで素敵なんです。

多肉植物のハンギングバスケット

つぶつぶやぷっくり肉厚な姿がかわいらしいのが、多肉植物を使ったハンギングバスケットです。
多肉植物は葉や茎の部分に水分を蓄えられるので、控えめの水やりで育てることができます。

旅行に行くことが多いなど数日留守にすることが多い方が心配になる水やりも、多肉植物なら安心して出かけられますね。

観葉植物のハンギングバスケット

葉の姿が美しい観葉植物を使ったハンギングバスケットもあります。
観葉植物は風通しが悪いと、根本が蒸れて枯れかけてきたり、虫が発生したりすることがあるので、蒸れにくいハンギングバスケットが適してします。

観葉植物は戸外に置くと、真夏など暑い時期の直射日光で葉焼けが起こりやすいです。戸外に置く場合、半日は日陰に置くなど場所に気をつける方がよいでしょう。

室内なら、インテリアを損なうことがないので素敵です。

「花」よりも葉っぱが大好きなので、葉類中心の観葉植物でハンギングバスケットを作って室内に飾ってみようと思います。

ハンギングバスケットの教室や講習会はあるの?

ハンギングバスケットを作るには、本や動画を見てご自分で作ることもできますし、教室や講習会に参加して教えてもらいながら作る方法もあります。

ガーデニングコーナーが充実しているホームセンターなどのイベントで、ハンギングバスケット作りを体験したり、お住まいの自治体でハンギングバスケット作りの参加者を募集する講習会も開催されています。

ハンギングバスケットの教室には、テーマごとに決まった植物・容器を使って制作する教室がなどがあります。講師の自宅で開かれていたり、カルチャーセンターなどでも開催されていたりします。参加人数が3名以上なら出張してくれる教室もあるので、近くに教室がなかったら、お友達を誘って出張してもらうのもいいですよね~。

ちなみに私は近くに教室がなかったので、本や動画を見てハンギングバスケットを作り始めました。
「こういうときは、どうやるの?」など疑問点があっても相談できる人がいないのが困ったことがあります。ご近所の方を誘って出張講義をお願いしてみようかな~と思っています。

ちなみに、日本ハンギングバスケット協会のサイトでは、全国の教室を紹介しています。
お近くの教室を探してみて下さいね。

>>>日本ハンギングバスケット協会公式サイト

ハンギングバスケットのまとめ

この記事では
・ハンギングバスケットとは?
・ハンギングバスケット花以外もおすすめ!
・ハンギングバスケットの教室や講習会はあるの?
を、ご紹介しました。

庭がないからガーデニングができない!切り花はすぐダメになるからイヤ!と、花を育て飾ることを諦めていたら勿体ないですよ~。

ぜひ、ハンギングバスケット作りにチャレンジしてみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました