土浦花火大会2019年開催日はいつ?有料席や桟敷席、ツアーもあるの?

行事

もうすぐ茨城県の土浦花火大会が開催されますね。
正式名称は「土浦全国花火競技大会」と言って、花火師さんの競技大会なんです。

秋田県大仙市の全国花火競技大会(大曲の花火)、三重県伊勢市の伊勢神宮奉納全国花火大会ともども、日本三大競技花火大会の一つとして数えられます。

土浦花火大会での人出は毎年約80万人、打ち上げる花火は2万発ですが、スターマインの頂点を決めるのがこの土浦花火大会。
全国花火大会の中でも第2位の人気を誇りますので、楽しみにされている方も多いでしょう。

土浦花火大会(2019年)の情報をまとめてみましたので、是非現地に行って楽しみましょう!

土浦花火大会2019年の開催日

土浦花火大会2019年の開催日は10月26日(土)で、18:00~20:30の間に土浦市佐野子地内桜川畔で行われます。

予備日として10月27日(日)、11月2日(土)のいずれかも予定されていますが、台風21号が近づいていますので、開催日を事前に確認して下さいね。

>>>大会公式ホームページ

土浦花火大会へのアクセス

土浦花火大会へのアクセス方法としては、電車、シャトルバス、車があります。

土浦花火大会へのアクセス 電車の場合

最寄りの駅はJR常磐線土浦駅で、上野駅からだと普通電車で約70分、特急電車で約45分かかります。

土浦花火大会へのアクセス シャトルバスの場合

JR常磐線土浦駅から会場まで、シャトルバスがあります。
徒歩で行くと30分くらいかかりますので、シャトルバスを利用するとラクですね。

運行時間は下記です。

【行き】14:30 ~ 18:00
【帰り】19:00 ~ 21:50

運賃は片道大人250円(小人130円)で、所要時間は約10分です。

土浦花火大会へのアクセス 車の場合

会場までの車で来る場合の目安は下記ですが、大会午前中から混雑し始め、午後3時頃には渋滞になります。
電車とシャトルバスを利用されることをおススメします。

【東京方面から】
常磐自動車道桜土浦IC降車、国道6号経由で約5km

【水戸方面から】
常磐自動車道土浦北IC降車、国道6号経由で約5km

国道6号の出入り口が下記時間に規制されます。

14:30~22:00(閉鎖):土浦学園線出口、入口(東京方面)
17:00~22:00(閉鎖):虫掛出口、穴塚大岩田線出口(東京方面)

ちなみに、屋台も多数出店しますよ。

下記3ヶ所で多く見られます。

・桜川沿い
・観覧会場周辺
・桜川保育所とヨークベニマル土浦生田町店の前の通り

土浦花火大会2019年の有料席

有料席は2種類あり、イス席と桟敷席があります。

イス席の場所は、塚田ポンプ場吐き出し口横の一般桟敷席下流側になります。
1席3,000円で、事前申し込みによる抽選となります(1人最大6席まで)。

土浦花火大会の桟敷席(2019年)

桟敷席は2種類用意されています。

・全マス(約1.7m×約1.70m、6人まで)・・・22,000円
・半マス(約1.7m×約0.85m、3人まで)・・・11,000円

桟敷席も抽選となり、1人で最大1マスとなります。

ちなみに無料席は、有料観覧席下流~土浦橋までの間で設置され、
10月25日(金曜日)の12時から開放されます。

土浦花火大会2019年のツアー

個人で行かれる場合で有料席に座りたい方は、ツアーの参加も検討されてはどうでしょうか?

Vipツアーだと、東京からバスでの移動になりますが、有料席観覧席で16,800円、団体桟敷席で11,800円です。

>>>Vipツアー

その他、阪急交通社、HIS、西鉄旅行などでも取り扱いがあります。

まとめ

花火師さんが腕を競い合う日本三大競技花火大会の一つ、土浦花火大会が間もなく開催されますね。

スターマインの頂点を決める大会でもあるので、楽しみにされている方も多いでしょう。

2019年は、10月26日(土)の開催ですが、予備日として10月27日(日)、11月2日(土)も設定されています。

会場までのアクセス方法ですが、電車であれば、最寄り駅はJR常磐線土浦駅になります。
そこからシャトルバスが運行されていますので、利用されるとよいでしょう。

車で行く方法もありますが、大会当日の午前中から混雑が始まり、午後3時には渋滞しますので、公共交通機関の利用をおススメします。

それから、会場ではイス席や桟敷席も用意されていますが、事前申し込みで抽選に当たった方のみ利用可能です。

東京などその他の地域から来られる方で、有料席を利用されたい方は、ツアーもありますので、そちらを利用されるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました