バズーカ岡田さんの筋トレ食はどうなの?パーソナルジムの詳細は?

ダイエット

電車通勤から自動車通勤に変わってしまったために、めっきり太ってしまい、ダイエット中の猫次郎です。
スリムな体型になりたい、いつまでもスリムな体型を維持したいと思うことはないでしょうか?

しかし、ダイエットを頑張ろうとしてもすぐに挫折してしまいがちです。

最近流行している糖質ダイエットを実践していて、夕食ではご飯を抜くようにしているんですけど、なかなか効果が表れません。

たまたま「ホンマでっか!?TV」で話題になった、バズーカ岡田さんこと、岡田隆先生の本を読む機会がありました。

この記事では、バズーカ岡田さんを有名にさせた筋トレ食事や岡田先生が指導しているパーソナルジムについてまとめています。

バズーカ岡田さんの筋トレ食を実践したり、パーソナルジムに通うようになれば、そんなに苦労しなくてもダイエットに成功でき、成功できますよ。

バズーカ岡田さんの筋トレ食について

バズーカ岡田さんは、「骨格筋評論家」とも呼ばれているので単なるボディビルダーかと思ったのですが、実は日本体育大学体育学部の准教授でいらっしゃいます。

2016年日本社会人選手権大会で優勝したり、柔道全日本男子チームの体力強化部門長を務めたり、理学療法士でもいらっしゃたりされるので、知識や経験が豊富な方です。

岡田隆先生が書かれた「筋トレ食」は、筋トレを通じてダイエットをするという当たり前の中身ですが、ダイエットを失敗する理由から解き明かしてくれます。

糖質や脂質といった特定の栄養素を摂らないようにするダイエット方法は間違いで、いずれも身体を作る上では欠かすことのできないものだと主張されてます。

そこで、減量の大原則は、摂取カロリー<消費カロリーであることが前提であり、自分の最低必要なカロリーを知った上で、PFC理論を実践すべきだと。

PFC理論とは、
第1のルール「一食あたりP(たんぱく質)=20g以上をキープ」
第2のルール「一食あたりF(脂質)=10g以下」
第3のルール「C(炭水化物)=摂取カロリーの55~65%」

を守ることでカロリーをコントロールする理論です。

特に珍しいことはない理論で、当たり前と言えば当たり前ですね。

その他、筋トレ中級者、上級者が増量期の過ごし方など、ボディビルダーならではの悩みを解決する方法を教えてくれます。

バズーカ岡田さんのパーソナルジムは?

筋トレ食を実践しても、イマイチ効果が感じられない片は、バズーカ岡田さんが指導しているジムに行って直接教えてもらうのもよいでしょう。

パーソナルジムが現在東京都内に2か所あります。

バズーカ岡田 パーソナルジム

東急東横線の都立大学駅から徒歩4分にある事務です。

体験60分コース(10,000円)もあり、入会するとキャッシュバックされます。

【コース料金】

入会金 30,000円
予約時間は7:00から 

2つのコースがあります。

週2回通うだけで、美しく強いからだを作ることを目指します。
トレーナーはボディビルの試合出場を目指しているので、モチベーションが高まりますね。

①ベーシックコース

16回(60分/回) 料金224,000円 約2ヶ月間の短期コースです。

②心を支える

48回(60分/回) 料金576,000円 約6ヶ月間とロングランです。

2つのコースを終了したら、後は回数券制となります。

8回(108,000円/6週間有効)から24回(300,000円/16週間有効)まで

その他にも
・(有料オプション)バズーカ岡田による特別セッション:10,000円/回
・(無料オプション)フェイスタオル・バスタオル・ミネラルウォーター・ギア預かり・プロテイン
があります

プライベートパーソナルジム「PLUS ME」

西麻布に、2019年オープンしました。

岡田隆先生がトレーナー、理学療法士、研究者、トレーニング実践者、競技ボディビルダー
として培ってきたノウハウをベースに、合戸孝二選手と一緒に開発したジムです。

【コース料金】
・営業時間:9時半~23時
・料金:入会金100,000円、月額300,000円の定額制です。
1回のセッションは120分で月8回まで受けることができますが、初回契約は2か月(16回)です。

コンディショニング、フリーウェイトトレーニング、ファンクショナルトレーニング、カーディオトレーニング、スポーツマッサージ、スパを、トレーニング当日、トレーナーがプログラムを組んでくれます。

その他、管理栄養士による食事指導、遺伝子検査、3D体組成のデータ提供もあります。

まとめ

TVでも有名なバズーカ岡田さんこと、岡田隆先生は、実は大学の先生でもあります。

ボディビルダーとしての経験だけでなく、運動生理学や理学療法士など理論的な面でも研究されています。

書籍として販売されている「筋トレ食」では、三大栄養素(たん白質、脂質、炭水化物)の頭文字から取ったPFC理論から、それぞれ1日に必要な栄養量を具体的に示してくれています。

第1のルール「一食あたりP(たんぱく質)=20g以上をキープ」
第2のルール「一食あたりF(脂質)=10g以下」
第3のルール「C(炭水化物)=摂取カロリーの55~65%」

それでもダイエットの効果が現れない場合、岡田隆先生が経営されているパーソナルジムに通ってみるのもいいでしょう。
東急東横線の都立大学駅近くと西麻布にジムがありますが、いずれも高額ですが。

バズーカ岡田さんの筋トレ食をまずは実践してみて、効果があるかどうか確かめてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました