イオン上飯田が閉店!跡地はどうなる?リニューアルするの?

跡地

2020年2月に閉店した「イオン上飯田店」。名鉄、名古屋市地下鉄上飯田駅の近くにあって便利でした。
「イオン上飯田店」の跡地には何ができるか注目されていましたが、正式な発表があったので情報をまとめてみました。

イオン上飯田の跡地は?

名古屋市北区織部町1-1

1973年「ダイエー上飯田店」としてオープン、その後、「イオン上飯田店」として名称されましたが、2020年2月29日に閉店となりました。

「イオン上飯田店」では、地上3階建ての建物にスーパーマーケット、衣料品店、飲食店、書店、家電量販店などが入居し、上飯田のシンボル的な存在でした。

イオン上飯田がリニューアル?

跡地には何ができるか注目を集めていましたが、2022年春にリニューアルオープンすることが正式に発表されました。

リニューアル後は、「イオンそよら上飯田」として模様替えし、2F建ての建物で駐車場は307台収容出来る計画です。

以前の敷地面積の半分程度となり、核店舗は「イオンスタイル上飯田(仮称)」、専門店は10店舗(ドラッグストア、カフェ、クリニック等)の出店を予定している模様です。

ところで、「そよら」とは、「そら、寄って、楽しんでって!」の意味があり、都市部の小商圏がターゲットになっています。

「そよら」のスタイルとしては、1号店は大阪市のイオンそよら海老江、2号店は大阪府堺市のイオンそよら新金岡に続き、3番めの出店になります。

まとめ

名古屋市中心部へ約20分という便利なアクセスと矢田川河川敷にも近いことで人気の上飯田では、「イオン上飯田店」は人気でした。

閉店して残念な声が聞かれていた中、「イオンそよら上飯田」として建て替えることが発表になり、リニューアルオープンを待ち望むことが増えてきました。

ただ、敷地面積が以前の半分になる計画のため、手軽な買い物をするには便利な店舗になるようです。

タイトルとURLをコピーしました