岩城滉一が北海道へ移住する理由は何?移動の時期や家の費用はいくらかを調査!

速報

岩城滉一が北海道へ移住するというニュースをチェック!

 

岩城滉一さんのYouTubeチャンネルは登録者が10万に達する番組です。

毎回、岩城滉一さんがかっこよすぎて見ている人もファンって感じがですが・・・12月4日(土)に投稿された動画のサムネにちょっと驚いた!という人が多いです。

というのも、岩城滉一さんのYouTubeチャンネルの内容がYahoo!ニュースでも取り上げられてましてので!

「岩城滉一から大切なお知らせ」と題した動画は1分30秒ほど。住居の建築の様子などが、予告編のようにつなげられている。動画の中では「岩城が人生の最後を過ごす場所に選んだのは、北海道」とテロップが出された。広大な敷地の映像に「岩城滉一、最終章」の文字。「第2の人生って言わないで、最終人生って言うの」と思いを語る場面もあった。

Yahoo!ニュースより引用!

 

「大切なお知らせ」と題した動画は2分も行かないのに再生回数は17万回近く回ってるんですけど、予告編なんですよね。

動画では、「岩城滉一が送る最終章」と出て来るところが映画みたいですが、毎回動画を見ている人からしたら、ちょっとドキドキしますよね!

2分にも満たない動画ですが、チェックすると岩城滉一さんは北海道への移住を実行するようです。ね。移住する理由が人生の最終章なのか想像でしか言えませんが、終活の地を北海道と決めてらっしゃるのかなと。

岩城滉一さんと言えば、人生を凄い楽しんでるナイスなオジサマとしてのイメージが強いと思いますし、毎回視聴者からはカッコいい!という反応だけでなく、岩城滉一さんの楽しみ方や生き方についての憧れコメントが多いのは驚かされます!

岩城滉一さんの生き方に憧れる人は多いと思いますし、今後の動画の内容から「北海道への移住」に憧れる人が増加するんじゃないかなって思います。岩城滉一さんって、現在はどこに住んでるの?っていう部分も気になりますよね。

 

 

移住するって事は、仕事はどうするの?とか、今後は北海道で暮らすの?東京と北海道を行き来するの、北海道も広いですから、いつ頃移動する?とか気になりますね。北海道は雪が凄いので、切実な問題のはずです。

北海道の家を買う!とか、土地を探す!って所から動画ではやって行くのかなど気になる部分をチェックして行こうと思います。

 

岩城滉一が北海道へ移住する理由は何?移動の時期や家の費用はいくらかを調査!

岩城滉一さんが北海道へ移住する理由がまず気になりますね。

岩城滉一さんは、2021年に70歳に迎えられましたので、これからのこともいろいろ考えたのでしょう。

岩城滉一さんといえば、いろんな趣味を持っています。ギター、ガーデニング、ゴルフ、バイク、クルマ、スカイダイビング、スノーボード、パワースキーなどなど。さらに、射撃や手品が特技というからビックリですね。

東京の世田谷区等々力(とどろき)というところにご自宅があるようですが、放映されたTVによると、地上3階・地下2F建て7LDKのお家だそうです。
等々力の中古物件では、5LDKのお家で2億円の相場みたいなので、岩城滉一さんはお金持ちですね。

それでも、多趣味の岩城滉一さんにとっては、東京のご自宅では手狭では?と思いますし、特に車の改造や運転だと東京では走りにくいでしょうね。
なので、東京を離れて北海道に移住しようと考えたのだと思います。

ところで、北海道はどこへ移住するのか気になります。#51動画を見ましたら、湖の湖畔に自宅を建設中でしたので、地方であるのは間違いないでしょう。

そもそも北海道への移住は、ドラマ「北の国から」で出演したのをきっかけに、北海道との縁が出来たとようです。となると、ドラマのロケ地であった富良野市の麓郷あたりかと予想しましたが、それらしき湖がなかったので、富良野市ではないようです。

そこで調べてみると、岩城滉一さんが過去のインタビューで回答した中にヒントがありました。

北海道へツーリングへ行く際にたびたび訪れたということから、摩周湖がある「弟子屈」エリアではないかと想像されます。

さらにインタビューで、岩城滉一さんは夏、冬に1ヶ月ずつ北海道に移住するということですので、東京の自宅を引き払っての完全移住ではないみたいです。

さて、岩城さんが北海道へ移住するタイミングですが、これから積雪ですので自宅を建設する季節には向いていないことから、早くても2022年春以降ではないでしょうか。

動画では、自宅の建設にはショベルカーなどが使われていましたので、2022年度中には完成すると予想されます。それにしてもすごい広い土地を買われたようですが、森林を切り開いたところからの建設ですので、結構な費用がかかっているものと予想されます。

70歳になっても、いまだにアグレッシブな岩城滉一さんをこれからも応援したいです。

タイトルとURLをコピーしました