お風呂のピンクカビの落とし方はどうする?洗剤は何がいい?防止する方法は?

生活

家ではお風呂掃除を担当させられている猫次郎です(汗)。

お風呂掃除をサボってると、床にピンク色のカビみたいなものが生えることがないでしょうか?

ピンク色のカビをほっておくと、黒かびも生えてきたりして厄介ですよね。ピンクカビをなるべく早めに駆除しておくのがいいですよ。

この記事では、ピンクカビの落とし方、予防法についてまとめてあります。

これさえ知っておけば、ピンクカビとサヨナラ出来ますよ。今日から早速取り組んでいきましょう!

お風呂のピンクカビの落とし方

まず、お風呂汚れのキホンから確認しましょう。

お風呂の床にで発生する汚れは、

・ピンクカビ(赤カビ)
・石鹸カス
・皮脂汚れ
・黒カビ
・水垢
が大半でしょう。

皮脂汚れ」は酸性の汚れですので、アルカリ性の洗剤が効果的です。
一方、「水垢」はアルカリ性の汚れですので、酸性の洗剤を使用しましょう。

黒カビ」は、土の中に潜むカビですが、土の中から家の中へ飛散して繁殖しようとします。
・ 室内の温度が20度~30度である
・ 湿度が70%以上ある
・ 養分(有機物質)、汚れがたくさんある
の条件がそろうと爆発的に飛散します。

なので、徹底的に乾燥することが重要です。

さて、問題の「ピンクカビ」ですが、実はカビではなく「ロドトルラ」という酵母なんです。

ロドトルラ」は水気と石鹸カスなどを栄養素とし、根を張って増えることはないため、落としやすいです。

しかし繁殖力がハンパなく、カビの10倍以上の速さで増えると考えられていることから、入浴後はお風呂場を毎回十分乾かすことが最低限必要ですが、酵母が残っている可能性があるので、時々消毒することも大切です。

お風呂のピンクカビに効く洗剤

それでは、ピンクカビを落とすのに適している洗剤はどのようなものでしょうか?

消毒用エタノール

カビと違い、ピンクカビは「真菌」の仲間なので、「消毒用エタノール」で酵母菌を死滅させます。
薬局やドラッグストアで、800円(500ml)程度で販売されています。

消毒用エタノールを用意できたら、ペーパータオルと古くなった歯ブラシを利用して、次の手順で落としていきます。

①ペーパータオルにエタノールを吹きかける。

②ペーパータオルをピンクカビのところに貼りつける。

③そのまま約10分放置し、ペーパータオルを剥がす。

④ピンクカビが残っているところは、歯ブラシでこする。

⑤水で流し、ふき取った後、乾燥させる。

カビハイター

ちなみに「次亜塩素酸ナトリウム」でも大丈夫です。

カビハイター」が代表的な製品ですが、塩素系漂白剤なので、20~30分換気しながら放置した後、水洗いをします。

残った汚れを歯ブラシやスポンジで落としたら、水気を取り除き、乾燥させます。

お風呂のピンクカビを防止するには?

ピンクカビは、水だけあれば繁殖しやすいので、お風呂の掃除をした後は、タオルで水気をふき取るか、浴室乾燥機を24時間稼動させるのがオススメです。

黒カビ予防もかねて、湿度と温度を下げるために、入浴後は壁に冷水をかけるのもよいでしょう。

その次にやっておきたいことは、栄養になるものを取り除いておくことです。

皮脂、石鹸・シャンプー、髪の毛はピンクカビの栄養になるので、週1~2回はお風呂掃除でキレイに取っておきましょう。

その際には、、
・浴槽の中
・床と壁の境目
・排水溝周り
・タイルの凹部分
・シャワーボトルの裏
が見落としやすいところなので、注意しておきたいものです。

まとめ

ピンクカビは、繁殖力がスゴイので、放置しないようにしたいものです。

そのままだと取り除くのが厄介な黒カビも発生しますので、黒カビ発生注意としてピンクカビを積極的に落としておきましょう。
水だけでも繁殖しますので、徹底的に浴室を乾燥させるようにします。

しかし、それでも菌が残っている場合がありますので、週に1回は消毒するようにするとGoodです。
その時は、薬局で入手できる「毒用エタノール」や「カビハイター」を使えばいいですよ。

さらに浴室の湿度、温度を下げるためには、入浴後、冷水を壁にかけておくと効果的です。出来れば、タオルで浴室の水分を除いておくと更によいでしょう。

シャンプーやリンスのボトルの下、床と壁の境目の下などは見落としがちになりますので、忘れないようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました